恋愛では気持ちを伝えるのが大切です

20代の頃に、あまりの出会いのなさにネット婚活をしていました。
20代というだけでかなりの人数から申し込みを頂いて、色んな人とお会いしました。こういう場での出会いって、お互いに目標は明確なんだから、話は早そうに思いますよね。
でも私の場合は、実際はなかなか具体的に進まなくて後悔することも多かったんです。
お相手から申し込みを頂いて、何回か会った相手のことをじわじわ好きになったことがありました。相手は年下で、さっぱり目のルックスとカジュアルな服装がすごく「普通」で…会うたびドキドキする人なんて、なかなか出会えません。
何回めかのデートは、バレンタインデーでした。私は、待ち合わせ前に駅前にある百貨店の特設売り場でチョコを買っておきました。もちろん、相手に渡すつもりで、です。
でもその日、私は最後までチョコを渡しませんでした。なぜ?恥ずかしかったんです。私が相手を好きだと伝わってしまうのが恥ずかしかったんです。
相手も、継続して私と会うわりに、はっきり言葉にしてくれなくて…それも辛かったんですよね。
結局、バレンタインデーの後に私からお別れしました。その時は、言葉をくれない相手を責める気持ちしかありませんでしたが、今思えば、私もきちんと気持ちを言葉にしなきゃいけなかったんですよね。

インターネット上でアプリを通して婚活をしたことがあります。
婚活アプリを利用した婚活でした。
ネット上の婚活は「街コン」や「合コン」や「婚活パーティー」と違って、年収や職業や趣味などが最初から分かっているのが魅力的でした。
例えば街コンだと、何分かの間に相手のことを知らなければならず、そうこうしている間に時間が経って訳が分からないまま連絡先交換となります。
合コンはそれよりも時間は長いですが、初対面の人から多くの情報を引き出すのは困難です。
婚活パーティーも街コンと似たようなもので、一対一か二対二がという感じでした。
街コンにしても合コンにしても婚活パーティーにしても、回数を重ねるとお金がかかってバカになりません。
そして多くの時間が割かれます。
自分の条件にあった人かどうかは、実際会うまで分かりませんし、もしそうじゃなかったとしたら「あぁ、無駄な時間だった」と参加したことに対して後悔すらしはじめます。
その点、街コンアプリだと顔写真はもちろん、相手の年収・職業・趣味・体型・好みのタイプ・血液型等々多くの情報を一度に知ることができます。
相手の情報を見るだけでは特にお金もかかりませんし、見ている時間も自分次第なので時間を選ばなくていいのが良かったです。

自分のブログで出会った良い友人たちの話

私は昔からインターネットのサイトを運営しているので趣味になっていました。普段はサイトとブログをやっていてアクセス数も結構なものでした。その中ではメールを受け付けているので常に何かの会話があります。
私はそのネットで実際に出会いを体験して面白かったです。最初にブログの方にメールが来て趣味の話をしました。次第に恋愛などの話もするようになってその人と友人になりました。
私はメールの相手が女性だったので少し興味を持っていました。そして自分から会ってみないかという話を一度だけしてみました。すると女性も乗り気だったので都合の良い日を考えました。
身近な場所のある店舗で待ち合わせをして相手が来るのを待ちました。ネットでの出会いだったので相手の外見は想像できなかったです。しかしメールの内容では明るい雰囲気で楽しそうでした。
女性は大人で自分よりも多少身長が高かったので驚きました。相手も私の雰囲気に驚いて笑っていました。その後は普通にゲームをしたり食事に行って満喫しました。
私はブログをやっていて実際に友人が作れるとは思わなかったです。こういうのも立派な出会いの方法だと今は思います。

ネットの出会い系には、自分の年齢や趣味、特技、居住地などのほか、顔写真も掲載するサイトもあります。もちろん、プライバシーの関係で顔写真を掲載するのをためらう人も多いですが、当然相手の顔が分かった方が、女性もアプローチしやすいため、成功率を上げるために写真を掲載していました。すると、アプローチしてくる女性のうち、約半数が30代後半から40代の方が多く、中には50代の女性まで・・・(私の年齢は20代です)。相手のプロフィールを見てみると、「年下の男性が好みです」だったり、「若い人と話すのに慣れています」だったり、年下男性好きを猛アピール。当然、あまりに年齢が高いため、アプローチは無視するのですが、何度も何度もメッセージを送ってくるため、かなり困惑しました。それ以降、自分のプロフィール欄に、30代以上の女性の方は恋愛対象外です、の一言を載せるようになりました・・・。年上の男性と年下の女性の組み合わせはあり得ると思いますが、その逆はやっぱりきついです・・・。